割増宿泊券。ホテル独自の宿泊券、交通機関独自の割引でお得に

ホテルの前売り券を買うと宿泊費が安くなる

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言解除後もしばらく宿泊客の減少が予想されます。

 

ホテルの経営が大変になり倒産しているところも出てきましたね。

 

そんな中、宿泊券を前売りするホテルや地域が出てきました。

 

今はもう少し旅行は控えたい。
でも、コロナが落ち着いたら安く旅行をしたい。

 

そんな方におすすめです。

 

なお夏休みに旅行をしたい方は、GoToキャンペーンがお得です

 

7月、8月、9月にお得な地域独自のキャンペーンはこちらをご覧ください

関東 割り増し宿泊券

 

神奈川県 未来の宿泊券

 

神奈川県の南東・三浦半島随一の温泉リゾートホテル「マホロバ・マインズ三浦」(運営:株式会社四季の自然舎)は、2020年5月、未来の宿泊券となる1泊2食付き宿泊前売券(宿泊ギフト券)を発売しました。  今回初めて一般消費者向けに作成・販売された宿泊前売券は、平日用と休前日用の2段階の料金を設けると共に、有効期限を17ヶ月間と長く設定し、多様な顧客のニーズに寄り添いました。通常8,500円〜13,500円のところ8,000円、12,000円〜26,000円のところ12,000円で宿泊が可能となり、最大1名あたり14,000円引きにもなる割引率の高い商品です。

 

 

 

マホロバ宿泊ギフト券 詳細はこちら

 

茨木県ホテル旅館組合 割り増し宿泊券

茨城県の23ホテルで使える宿泊券を購入すると、購入額の10%を上乗せした旅行券がもらえます。

 

種類は3000円〜2万円までの4種類
2020年8月ごろ発送で有効期間が3年間と長いことも特徴

 

出典 茨城新聞

 

東北エリア 割り増し宿泊券

 

 

宮城県 みやぎ お宿エール券

 

県内の旅館やホテルなどの女将(おかみ)でつくる「みやぎおかみ会」が企画した。1万円の購入につき、1万3000円分が利用できる宿泊券を発行する。利用したい宿泊施設から直接購入する仕組みで、日帰り入浴代や飲食代としても使える。6月5日まで販売し、利用期間は7月1日〜12月29日。

 

出典 時事通信

 

みやぎお宿エール券 購入はこちら


お先にトクだ値スペシャル(50%割引) JR東日本 新幹線半額・特急半額

出発日の20日前までに新幹線のチケットを購入すると、新幹線の乗車券・指定席特急券の価格が半額で購入できるキャンペーンが開催。

 

■利用期間
2020年8月20日から2021年3月31日

 

■発売期間
パソコン・スマホ:乗車日の1か月+1週間前開始。20日前の午前1時40分まで

 

※ただし、メンテナンス日の場合は21日前の23時40分まで

 

窓口購入:乗車日の一か月前の朝10時開始。21日前のみどりの窓口が閉まるまで。(20日前の午前1時40分まで開いていれば購入可能)

 

■50%割引対象の新幹線・特急列車
・はやぶさ
 東京〜新函館北斗だと11620円割引

 

・はやて
 盛岡〜新函館北斗だと6630円割引

 

・やまびこ
・なすの
・こまち
・つばさ
・ときたにがわ
・あさま
・かがやき
・はくたか
・あずさ
・かいじ
・ひたち
・わかしお
・さざなみ
・しおさい
・いなほ

 

■30%割引対象の新幹線・特急列車
・かがやき
・はくたか

JR西日本 eチケット早得21 新幹線半額

乗車日の21日前までに購入すると50%割引の値段で購入できます。
ただし購入できるタイミングは10日間しかないので、買う日をあらかじめ決めておく必要があります。

 

■発売期間
2020年7月20日から9月9日

 

■利用期間
2020年8月20日から9月30日

 

■購入可能時期
乗車日の1ヶ月前の10時00分より21日前の23時30分まで発売

 

■対象の新幹線
・かがやき
・はくたか

 

14日前までに購入すると30%割引の値段で購入できます。