サイトコントローラー比較!メリット・デメリットは?ホテル予約の在庫管理や料金設定を一元管理するソフトです

サイトコントローラーとは

インターネットでホテルの予約を受付・キャンセルする場合は、一般的に次の3つが必要です。

 

サイトコントローラー

 

 

1.予約システム

ホームページに宿泊プランや料金の表示をします。
予約の受付やキャンセルの受付も行います。

 

予約システムには、有料のものと、
楽天トラベルのr-withやじゃらんnetのホームページダイレクトなど無料のサービスもあります。

 

2.サイトコントローラー

一般的に、楽天トラベル、じゃらん、一休(yahooトラベル)など複数の予約サイト(OTA)と、自社ホームページで予約を受付することが多いと思います。

 

各予約サイトに、1個ずつ料金を入力する、在庫を入力するのは作業性がとても悪いです。

 

また大規模ホテル以外ではオーバーブッキングを避けるために在庫を楽天トラベルとじゃらんなどに分散すると売上が伸びない原因となります。

 

そこで、サイトコントローラーは各予約サイトに同じ在庫を自動的に入力し、予約されると自動的に各予約サイトの在庫を減らします。

 

また料金を各予約サイトに一括で登録することができます。

 

 

3.ホテルシステム(PMS)

サイトコントローラーで受付した予約と、電話などで直接予約受付した個人・団体予約を一括で管理するためのシステムです。

 

紙の時代には宿泊台帳(部屋番号が日ごとに書かれたもの)で管理していました。

 

ホテルシステムの比較・おすすめはこちら


サイトコントローラーの料金比較

サイトコントローラーで利用者数が多いと言われている4社は

 

・ねっぱん++(ねっぱんプラスプラス)
・手間いらず(TEMAIRAZU)
・らく通with
・TL-リンカーン

 

です。

 

それぞれの特徴を月額料金が安い順に紹介いたします。

 

※なお料金は2020年4月調査時点。消費税10%込みの価格です。
コロナ特別減税や消費税増税などで価格が変わる可能性があります。

ねっぱん++

ねっぱん++のメリット・デメリットと料金を紹介します。

 

月額料金

一般的に必要な費用である基本使用料+PMS連携オプションを合わせた月額費用は
12,100円です。
(6室以上の場合)

 

●内訳
・基本使用料
5室以下の施設 5500円(税込)
6室以上の施設 8800円(税込)

 

・PMS連携オプション 1WAYの場合
5室以下の施設 1100円(税込)
6室以上の施設 3300円(税込)

 

・レベニューマネジメントシステム連携オプション
6600円(税込)

 

・セルフチェックインシステム連携オプション
20室以下の施設 3300円(税込)
21室以上の施設 6600円(税込)

 

 

初期費用

一般的に必要な費用である基本使用料+PMS連携オプションを合わせた初期費用は
110,000円です。

 

・基本
55000円(税込)

 

・現地トレーニングオプション(説明会)
55000円(税込)
旅費交通費 別途お見積り

 

・PMS(ホテル会計システム)連携オプション
11000円(税込)

 

・レベニューマネジメントシステム連携オプション
11000円(税込)

 

・セルフチェックインシステム連携オプション
11000円(税込)

 

ねっぱんのメリット

シンプルな画面で在庫調整ができるので、宿泊特化型または朝食提供があるぐらいのビジネスホテルなど小規模な宿泊施設におすすめです。

 

値段も安いので、複雑な料金コントロールやプラン構成にしない宿は、ねっぱんがおすすめです。

 

ねっぱんのデメリット

・料金カレンダーが1種類しか設定できません。
プランごとに料金ランクを変えることをカレンダーではできません。
またプラン販売停止日をカレンダーで決めることもできません。

 

・プランごとに売止を設定する場合、あらかじめ売止グループを作成する必要があります。
売止グループは、部屋タイプごとに各プランを選択しないといけません。

 

プラン数が多い旅館や規模の大きなビジネスホテルには不向きです。
(らく通のようにプラン名で売り止め、料金コントロールはできません。)

 


らく通with

らく通withには3つのバージョンがあります。

 

・らく通with (旅行会社・予約サイト両方の予約通知を管理できる) 21,780円(税込)〜
・らく通with 旅行会社版(旅行会社の予約通知を管理できる) 11,000円(税込)〜
・らく通with 予約サイト版(予約サイトの予約通知をらくらく管理) 10,780円(税込)〜

 

JTB、日本旅行などのリアルエージェントとの契約をしている昔ながらの旅館やホテルでは、通常のらく通withを使うと思いますが、それ以外のホテルではらく通with 予約サイト版を選びましょう。

 

ここでは予約サイト版について説明します。

 

月額料金

10,780円(税込)〜

 

※予約件数による料金追加はなし

 

・PMS連携料金などは非公開(1WAYは推定3300〜5500円ぐらい?)

 

一般的に必要な費用である基本使用料+PMS連携オプションを合わせた月額費用は
推定14080円

 

初期費用

0円

 

らく通のメリット

・料金カレンダーが複数作れます。
チケット付きプランのカレンダーを別に作れば、休館日は販売しないカレンダーが作れます。
楽天スーパーセールのプランで、休前日など販売したくない日を選択することも簡単です。

 

・プラン名から検索して、プラン・部屋ごとに売止を選ぶことが簡単にできます。

(高度な販売コントロールを行えます)

 

・予約が入った瞬間にお知らせ表示がされるので、満室にするための在庫調整がしやすいです。

 

・1年前の料金カレンダーが見れます。
新しいカレンダーを作る時などに、過去の料金を参考にできます。

 

らく通のデメリット

・ねっぱん、手間いらずに比べると在庫調整や売止、料金設定をしてから、次の操作が可能になるまでのタイムラグが長いです。
また、時々書き込みエラーが発生し、再度操作をする必要があります。

 

クラウド型になる前のオンプレミス時代を踏襲して開発されたため、画面構成や操作性が古臭く感じます。
逆に、ある程度年齢を重ねた人には、使いやすいでしょう。

 

手間いらず.NET2

手間いらず.NET2

 

月額料金

一般的に必要な費用である基本使用料+PMS連携オプションを合わせた月額費用は
20室の場合、33,990円です。(当初2年間)
30室の場合、69,190円です。(当初2年間)

 

 

※1か月の予約件数が200件の場合の通信料17,600円
(部屋数 20室。稼働率60%。ネット比率50%の場合、186件)

 

※1か月の予約件数が500件の場合の通信料46,200円
(部屋数 30室。稼働率70%。ネット比率70%の場合 456件)

 

●内訳
・基本使用料
20,900円〜 +月額通信料(予約1件につき62〜88円)

 

※課金開始後2年間はTypeSKYプラン適用で月額料金から11,000円割引

 

■基本使用料の詳細
  1〜 29室 22,990円(当初2年間は10,890円)
 30〜 99室 28,490円(当初2年間は17,490円)
100〜199室 33,990円(当初2年間は22,990円)
200〜499室 44,000円(当初2年間は33,000円)
500室以上   55,000円(当初2年間は44,000円)

 

■通信料の詳細(予約1件あたりの単価。ここだけ税抜表記です。)
予約数 
   1〜 200件 88円
 201〜 400件 83円
 401〜 600件 78円
 601〜 800件 73円
 801〜1000件 68円
1001〜2000件 66円
2001〜3000件 64円
3001件以上 62円 

 

■オプション
PMS連携機能 5,500円(税込)

 

予約カード印刷機能 1,650円(税込)

 

在庫一覧印刷機能 1,320円(税込)

 

CSV出力機能 1,320円(税込)

 

本部管理機能 1,320円(税込)(1施設あたり)

 

ブッキングアナライザー 2,200円(税込)

 

レートサーベイ 11,000円(税込)

 

予約情報入力機能 2,200円(税込)

 

在庫一覧印刷機能 1,320円(税込)

 

トリップアドバイザー連携機能 5,500円(税込)

 

チャットボット連携機能 11,000円(税込)

 

日本語・英語切替機能 11,000円(税込)

 

RMS連携機能(レベニューマネジメントシステム) 11,000円(税込) 

 

初期費用

63,800円

 

オプションを申し込みした際の初期費用は0円です。

 

手間いらず メリット

・在庫調整の画面に、料金カレンダーも重なって表示されるので、どの料金で売ろうとしているのか一目で分かります。

 

・書き込み操作不要で、在庫調整、料金反映などが直ちに行われます。
保存ボタンなどを押し忘れる心配が少ないです。

 

手間いらず デメリット

・料金カレンダーが基本カレンダーしか作れません。
プランごとにカレンダーを変えたい場合は、料金グループごとにカレンダー設定が必要なので、個別に設定するプランが多い場合は作業量がとても多くなります。
作業量は多いですが、ねっぱんと違い、料金グループごとのカレンダー設定は可能です。

 

・らく通のようにプラン名で売り止め、料金コントロールはできません。

 

・在庫調整画面で、うっかり数字を入れてしまってもすぐにネットに反映されるので、常時開いている場合は間違って押さないように気を付けましょう。

TL-リンカーン

TL-リンカーンは、らく通と同じように3種類のサービスがあります。

 

・フルサービス(旅行会社+ネット) 33000円〜
・旅行会社管理機能限定版 16500円〜
・ネット販売管理機能限定版 16500円〜

 

※いずれも総客室数により料金が変動します。

 

ここでは、多くの宿が該当すると思われるネット販売機能を選択した場合について説明いたします。

 

月額料金

基本料金 16,500円〜

 

※ネットでの口コミでは、36室の場合月額33,000円のようです。

 

PMS連携費用は非公開です。

 

一般的に必要な費用である基本使用料+PMS連携オプションを合わせた月額費用は
30室〜40室の場合、推定40,000円と考えてみました。

 

実際のところは、株式会社シーナッツへお問い合わせください。

 

 

初期費用

100,000円

 

TL-リンカーンのメリット

・4つのサイトコントローラーで一番先進的な画面デザインです。
機能が最も多いです。

 

・分析機能が充実しています。
ただし、サイトコントローラーで分析できるのはネット予約だけなので、直予約や団体予約を除いた分析に限定されます。

 

TL-リンカーンのデメリット

・ボタンが多すぎて、初心者にはどこのボタンを押せばよいのか分かりにくいです。

 

サイトコントローラーとPMSを合計した料金の比較

項目名1 ねっぱん らく通 手間いらず
イージー会計 22,880円 対応不可 対応不可
Staysee 21,900円 23,880円 43,790円
innto 18,678円 対応不可 40,568円

 

※20室の場合。
※innto、イージー会計は室数により料金が変動します。
※手間いらずは予約件数が月200件の場合。予約件数により料金が変動します。