GoTo2.0(2022年)いつから?以前との違いは

GoTo2.0とは

2022年1月頃にスタートするGoToトラベルキャンペーンはGoTo2.0として、2020年に実施されたGoToトラベルキャンペーンと違う内容で実施される可能性が高くなってきました。

 

岸田総理が発言した「GoTo2.0という名称をつけて取り組みを進める」という構想を発表。
昨年の反省を踏まえてバージョンアップするという意味があります。

2022年の割引額

 

旅行代の割引

割引率は旅行代金の30%です。

 

上限は宿泊のみなら、7000円です。
(新幹線、飛行機などの交通とホテルがセットなら1万円が上限です)

 

例:24000円のホテルなら7000円割引となって17000円で泊まれます。
例:10000円のホテルなら3000円割引となって7000円で泊まれます。

 

 

地域共通クーポン

平日 3000円
休日 1000円

 

平日に泊った方が2000円お得になります。

 

※平日、休日の定義は別途発表されます。

 

 

例:10000円のホテルに平日泊まると7000円で宿泊し3000円もらえるので、実質4000円で泊まれます
例:5000円のホテルに平日泊まると3500円で宿泊し3000円もらえるので実質500円で泊まれます

GoToトラベルの変わったところは?

2021年11月19日時点ではようやく2022年の概要が発表されました。

 

 

ワクチンの接種証明書で割引率アップ

ワクチンを2回接種していると割引率がアップするとい案がありましたが、亡くなりました。

 

中規模・小規模の旅館やホテル、旅行会社は割引率アップ

高級ホテルに利用者が偏ったという指摘から、料金が安い民宿や旅館も恩恵が受けられるような施策が検討されています。

 

ただ、有識者によるコメントでは大規模と中規模以下の線引きをどうするかが難しいとのこと。
宿泊料金が高ければ大規模なのか、売上額が高ければ宿泊料金が安くても大規模なのか?

 

一般人に分かりにくい制度は避けてほしいですね。

 

 

土日や祝日に偏らないようにする

平日に利用者が増えるような施策が行われるようです。
平日の方が割引率が高くなるなど行われるかもしれません。

 

一般的に平日料金は安くなるので、平日旅行だとかなりお得に旅行ができるかもしれませんね

 

いつから

制度設計に準備が必要ですが観光庁ではまだ準備ができておらず、周知期間も必要との認識です。

 

衆議院議員選挙が終わってから、すぐに始まる ということにはならなさそうです。

 

 

11月3日のニュースでは2022年の年始が終わってからになりそうだと報道されています。
2021年中は実施されない見込みです。

東京都民割とGoToを使うと

東京都民割は1人1泊ごとに5000円の補助があります。

 

9000円のホテルに泊まると
・GoToトラベルで3150円割引
・都民割で5000円割引
となり、850円支払うだけで泊まれます。

 

食事つきのホテルなら、ご飯代ぐらいの金額でホテルに泊まれることになりますね。

 

 

GoToトラベルを使わない場合は、6000円のホテルに泊まると
・都民割で5000円割引
となり1000円支払うだけで泊まれます。