ホテル予約 格安ホテルking

このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイツリー混雑

スカイツリー混雑

 

東京スカイツリーへは一般の場合、ソラマチというショッピングセンターの4階が入場口になります。
エレベーターやエスカレータで入口フロワまで向かいましょう。

 

空いている時は、当日券の販売を行っていて、チケットを購入すればそのまま入場することができます。

 

混雑してくると、時間指定の当日券が販売されます。土日の夜などは2・3時間先の入場券しか買えないこともあるので、時間に余裕をもって行くのがおすすめです。
また待つことになれば、レストランやフードコートなど
多数お店があるので、そこで食事をしていきたいですね。

 

必ず決まった時間に入場したい方は
あらかじめ予約しておくことができるので
追加料金が必要ですが、予約をおすすめします。

 

2016年でも3連休や天気が晴れている土日は入場待ち時間が90分〜4時間という
混雑のようです。

 

 

東京スカイツリーの動画です。
雅バージョンのライトアップでエレベータが上下する時に
光りが支柱の間からもれて見えるのが星の瞬きのように見えて、きれいです。

スポンサーリンク

東京スカイツリー チケット売り場・エントランス

スカイツリーエントランス

 

4階のエントランスはものすごく広く
それだけで、何かカッコイイ センスのよい空間になっています。

 

 

スカイツリーエントランス

 

当日券の販売カウンターでは最初の第1展望台までの
入場券を購入できます。
入場ゲートでは、手荷物チェックもありますよ。

 

上の写真は平日夜の状態です。
平日は待ち時間5分ほどで展望台に行けますが
土日は一番上の写真のように
すごい混雑になります。

 

 

エレベータ 4種類 春夏秋冬

エントランス・チケット売り場を通過すると、いよいよスカイツリーの展望台へ
向かうエレベータフロアです。

 

スカイツリーエレベータ 秋

 

 

エレベータは4台あり、
それぞれテーマがあります。
春の桜、夏の花火、秋の鳳凰、冬のスカイツリーと都島

 

どのエレベータに乗るかは選べませんので
4回来ても全種類乗れるか分かりません。

 

スカイツリーエレベータ 夏

 

 

私は夏の花火のエレベータに乗りました。

 

ちなみに過去 2往復。上に登るときと下に下がる時を合わせて4回中3回が夏のエレベータでした。
残り1回が鳳凰の秋のエレベーターです。

 

エレベータに乗ると、あっという間に
ものすごい速さに加速して
しばらくすると、耳が痛くなってくるので
耳ぬきをしないといけません。

 

花火の光りが様々なタイミングで点滅を繰り返し
美しいです。

 

スカイツリーエレベータ速さ

 

エレベータが出発してから僅か50秒で
第1展望台の天望デッキ350に到着です。

 

上の写真はエレベータの上の方にある
階数表示の変わりの高さ表示と
エレベータの速度表示です。

 

最高 分速600m前後のスピードが
表示されていました。

 

到着寸前には、急減速していくのですが
違和感なく スムーズに到着しました。

オプショナルツアー

日本各地のオプショナルツアーをネット予約できます。空き状況がネットで分かって便利。 ポイントも貯まります。 体験談を書くとモニター価格で全額返金される実質無料キャンペーンも!! 口コミで評価も見れます。

関連するホテルページ

東京スカイツリー 攻略法
東京スカイツリー展望台 攻略法。もっと楽しめるポイントを紹介
スカイツリー展望台
東京スカイツリーの天望デッキ(第1展望台)の見所と夜景
東京 雨の日 お出かけスポット ランキング
東京の雨の日でも遊べるお出かけスポットをランキング
スカイツリー 最上階 天望回廊
東京スカイツリーの最上階 天望回廊(第2展望台)の見所と夜景